ねこツムリの心に生まれた「なにか」を「カタチ」として残した、「ねこツムリの流儀」の記録です。
page top
国の新たな住宅政策。あえて言おう、絵に描いた餅であると
今後10年の住宅政策の方針を定めた政府の住生活基本計画案が、1月21日に明らかになりました。

新たな住宅政策の数値目標をいくつか見てみましょう。

まず、空き家について、約500万戸に増えるとの試算に対して、有効活用や計画的な撤去を進めて、2025年時点で400万戸程度に抑制(現状318万戸)。

有効活用はごく一部にとどまり、計画的な撤去は、費用負担の問題があり、スムーズには進まず、空き家は試算通り、約500万戸に増えるでしょう。

良質な中古物件を評価する仕組みを普及させて、購入者側が物件の価値を把握しやすくし、中古住宅の市場規模を、現状の4兆円から8兆円に倍増させる。

人口減少社会に突入していること、新築需要が中古需要に取って代わることは考えにくいことから、4兆円から増えても微増。むしろ市場規模は縮小するでしょう。

老朽化対策も重点に掲げていて、住宅リフォームの市場規模を現状の7兆円から、12兆円へ拡大させる。

これまた中古住宅市場規模拡大に対する見解と同じで、目標金額には届かないでしょう。
もっとも、想定外のインフレにでも見舞われれば別ですが・・・。

また、こんなのもありました。
耐震基準を満たさない住宅の割合を現状の18%から概ね解消する。

ねこツムリの住宅も築40年近くになりますが、もちろん耐震基準を満たしていません。

ですが、耐震基準を満たすようにリフォームしようにも、お金はありません。

ということで、耐震基準を満たすためのリフォーム費用負担の問題から、耐震基準を満たさない住宅の解消はまず無理でしょう。

以上、この度の新しい住宅政策、総じて、住宅関連市場の規模拡大を思考しているように見えてならないのですが、先に述べたように、総人口が減少し、住宅関連市場における肝心な需要の増加が全く見通せないことから、本政策の数値目標はいずれも、絵に描いた餅といっておきましょう。

それと、まだ計画案の段階ですから、悪いことはいいません、日本の人口および経済動向を全く無視したこれらの数値目標は、控えめな数値に変更されることをお勧めいたします。


  お粗末さまでした。合掌




人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

page top
日銀、マイナス金利政策導入
異次元」として始めた日本銀行日銀)の金融緩和手法、「ついに万策尽きたか」、と感じたのはねこツムリの勘違いか。

さて、「異次元」緩和に、「マイナス金利」をプラスして、「怪次元」とでも呼ぶのかな。


  お粗末さまでした。合掌




人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

page top
勝負師への道のりは、遠く、遙か彼方のねこツムリ
『負けるよりは勝った方がいい。だけれども、全勝を狙えば、もちろん怪我の可能性も増える。自分はオールマイティーじゃない。だから、勝てるところでは、勝たなければならない。負けるときは、きれいに負けよう。「あー、負けちゃった」明るく、そういおう。』

    色川武大・『うらおもて人生録』

FXできれいに負けられないねこツムリ。

全勝狙いでいるから怪我をする。
まさにその通り・・・。

どうしてこの境地に至れぬのか・・・。

勝負師への道、その入り口にも、まだ辿り着いていないのかもしれない。


  お粗末さまでした。合掌


『うらおもて人生録』については、こちらをどうぞ。
うらおもて人生録改版 [ 色川武大 ]


人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

page top
ただただ呆れるしかないのかなぁ
『どのような宗教でも、どのような法律でも、基本となる項目は古来定まっている。
 殺すなかれ。奪うなかれ。あざむくなかれ』

    田中芳樹・『銀河英雄伝説

ところが現実は、宗教的理由や目的から、また、時には法律に基づいて、それらが平然と行われる。

人間のご都合主義には、呆れるしかないのかねぇ。


  お粗末さまでした。合掌




人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

page top
twitterのアカウントをとったけれど、ツイートするにはまだ早いようなので
Twitterアカウントを取得しました。

ねこツムリのFXブログ、「ねこツムリのFX logbook」と連携させてみようかなと思って。

でも、まだツイートできていません。

Twitterの公式サイトからは、何度もツイートのお誘いメールが届くのですが、そのメールの記述のなかにあった、“会話を楽しみましょう”という件に引っかかってしましました。

考えてみれば直ぐに分かることで、Twitterツイートすると云うことは、フォロワーの方と「会話」をすることになるのですよね。

ねこツムリにとっては、不特定多数に位置づけられるフォロワーの方との会話は、まだ怖いです。

うつ病になって、引きこもり状態になって、6年が経過しているのですが、ようやく昨年2015年に、二つのブログを立ち上げ、更新し続けることができるようになったばかり。

恥ずかしながら、依然として、ひとりで自由気ままに外出したり、ご近所を含め、多数の他人と接する場に身を置いたりすることは、恐怖心があってできていません。

もちろん、ツイートしても、フォロワーがいると決まったわけではないのですが、フォロワーができてフォロワーの方と会話が生じるようになることが、精神的な負担になりそうに思えてならならいのです。

いずれは越えなければならないハードル、だけれど、無理に越えようとするものではなく、気がつけば越えられるようになっていたという状況が、現在のねこツムリにとっては、ベターかな。

ブログを始め、続けることが、自然なかたちでできるようになったように、人とのつながりを回復することも、自然なかたちで、いつかきっとできるようになると思います。

その時まで、せっかくとったTwitterアカウントですが、ツイートするのはお預けにしようと思います。

ツイートしなければ困る」、「ツイートしたくてたまらない」と云う状況でもないですので・・・。

でも、もし仮に、ねこツムリがツイートすることで、微力ではあっても誰かのお役に立てると云うことがあるのであれば、少し考えてみようかなと思います。

「焦らずに、できることをひとつずつゆっくりと」。

お世話になっている医師から、繰り返し繰り返し、かけて頂いている言葉です。

Twitterでのツイートも、焦らずに、その時が来るまで、じっくり待つとしましょう。

時間が最良のくすり”。

ねこツムリには、どうもそのようです。


  お粗末さまでした。合掌




人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

page top
中央省庁の地方移転は無駄。首都機能丸ごと移転が正解でしょう
中央省庁の地方移転の計画が、じわじわと進みつつありますが、分散移転は止めといた方が良いですよ。

一部移転の話も出ているようですが、一部移転などはもってのほかです。

国会対応や他省庁との打ち合わせに支障が出ることはもちろん、そのための職員の無駄な出張旅費はかかるは、他省庁との連携の悪化により、縦割り行政がますます堅固になり、業務の重複など、現状以上に、行政上の無駄が多くなること間違いなしです。

中央省庁の地方移転計画は、地方創生政策の一環なのでしょうが、アホらしくて見ていられません。

中央省庁を移転するのなら、全部ひっくるめて、首都機能を丸ごと移転すべきですって。

東京から首都機能がなくなったとしても、東京は十分やっていけますよ、東京は困りませんよ。

アメリカだって、行政機能の街ワシントンと、文化商業の街ニューヨークと棲み分けができているのですから、日本においてもそれは可能でしょうよ。

災害リスクが可能な限り低く、日本のほぼ中央に近い地域に、新しい首都を建設しようじゃありませんか。

中央省庁の分割地方移転、これだけは止めといた方がいい、後々、絶対後悔しますよ。

って、ねこツムリが騒いだところで、どうにもならない無駄なごとですけどね、どうしてもひとこと言いたかったので、断言しておきますね。

中央省庁の分割地方移転は、絶対、ぜぇ~ったい、間違いですよぉ~。


  お粗末さまでした。合掌




人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

page top
人工光合成と生命の起源
増えすぎた人口に、食料生産が追いつかなくなった人類は、実用化されていた人工光合成細胞の人体移植を試みました。

実験は成功を収め、人類は、自ら行う光合成でえられた炭水化物と水分、それとわずかな量のその他の元素の摂取のみで、生きていけるようになりました。

食べる必要がほとんどなくなった人類は、初めのうちは、それを喜び、活発に世界中を動き回りましたが、そのうち、動き回ることに飽きてきました。

なにせ、光さえあれば、じっとしていても生きていけるのですから。

人類は、おのおのが好きなところにとどまって生きていくようになりました。

そして時は流れ、気がつくと、使わなくなった人類の手足は退化してほとんどなくなり、
背丈も小さくなっていました。

さらに月日が流れ、人類を形作っていた感覚・運動器官のすべてがなくなってしまいました。

途中、大隕石が地球に落ちてきました。
その影響で、多くの生物が死に絶えましたが、光合成機能を持ち、小さくなっていた人類のいくらかは、その災難を乗り越え、生き延びました。

さらに長い年月が流れ、ついに人類は、単細胞生物にまで退化してしましました。

そしてこれが、20億年前の地球に誕生した単細胞のひとつになりました。


  お粗末さまでした。合掌




人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

page top
冬が来た
暖冬は、家計的にはありがたいのだけれど、暖冬では、とはいえまい。

そして、なくして四季の国、日本とはいえまい、と思っていたら、大寒を過ぎてようやくらしくなってきた。

体の奥深くにしみこむような寒さに、日本のは、やはりこうでなくてはと思う。

日本列島をすっぽり覆う記録的な大寒波のおかげで、

『きっぱりと冬が来た』

    高村光太郎・『冬が来た』


  お粗末さまでした。合掌




人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

page top
ねこツムリのFXに、その時は来るのかなぁ
商売は十年やったら三年は損する。五年はトントンで、儲かるのは二年』

    町田勝彦(元シャープ社長)の祖父

「急いては事をし損じる」という諺がありますが、この諺を具体例を挙げて解説したような言葉ですね。

迷える子羊?シャープに贈る言葉。

ではありません。

ねこツムリが、自身に贈る、言葉です。

ねこツムリの取り組んでいるFX外国為替証拠金取引)も、商売には違いありませんので、取り組み開始から約7年、まだまだ踏ん張り所と云うことなのかなと・・・。

いえいえ、損が六年続いているので、儲けが出るのは間のトントンを含めても、当分先のことかも。

もっとも、『儲かる二年』がほんとうに来るのか、半信半疑ですけれど・・・。

「なにごとも、十年も続ければ、それなりにカタチにはなる」てなことも、どこかで見た気がするのですが、いずれの言葉も、結果は遅れてやってくることを示唆していますので、ねこツムリのFXも、十年まであと三年。

やはり、ここが踏ん張り所か・・・。

踏ん張れ!! ねこツムリ!


  お粗末さまでした。合掌




人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

page top
改憲が争点になったとき、2016年夏の参院選で、与党は敗れるでしょうな
安倍首相国会の予算委員会で、憲法改正について、「現実的な段階に移ってきた」と述べ、憲法改正への意欲をアピールしているようですが、一小市民、ねこツムリが世相を見るに、憲法改正の雰囲気は、今の日本社会にはないと判断しますね。

根拠?

取り立てて根拠となるものはありませんが、ねこツムリの肌感覚というものでしょうかねぇ。

憲法改正の必要性を、日本国民の大部分は、安倍首相が思っているほどには、まだ認めていないと感じるんですよね。

だから、もし安倍首相が、2016年夏の参院選で、憲法改正を選挙の公約や争点にあげたとしたら、それが原因で与党は参院選に敗れると思うな。

ま、もっとも、野党が、社会保障経済政策軽減税率制度を含む財政再建策などで、国民の理解と共感を得られる選挙公約を掲げられることと、野党の勢力を糾合できることが条件にはなりますがね。

そうではなく、野党が、現与党に対する単なる反対票だけを、当てにするようでは、野党の勝利はおぼつかないでしょう。

ということで、安倍首相さん、参院選で与党として勝利をつかみたいのであれば、少なくとも、憲法改正については、参院選の争点にすべきではないですよ。

今夏の参院選まで、まだ時間はあるけれど、世論調査などの情報がそろう参院選直前に、こんなことを言っても面白くないので、あえて、情報の少ない今、ねこツムリは上記の通り宣言しておきますね。


  お粗末さまでした。合掌




人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

© ねこツムリのlogbook. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG