ねこツムリの心に生まれた「なにか」を「カタチ」として残した、「ねこツムリの流儀」の記録です。
page top
日本を含め、世界の恵まれない人々の元へも愛のチョコレートを
近所のスーパーの特設売り場に山と積まれた多種多様なチョコレート商品の数々。

そうです、バレンタインデーまで一週間を切りました。

しっかし、その商品の数は半端ない。

ひとつの店舗だけでこの数、ねこツムリの住まう街全体だけでも、どれだけの量のチョコレート商品が、たった一日のためにだけに用意され販売されているのやら。

到底これが完売されることはない。

毎年のように2月14日を過ぎると、売れ残ったバレンタイン用チョコレート商品の一部が見切り品コーナーに場所を変え、売られている。

でも、それはほんの一部に過ぎない。

売れ残りの大半は、日の目を見ることなく廃棄処分行き。

一体全体、日本全国でどれだけの量のチョコレートが2月14日以降、廃棄処分されているのだろう。

世界には、紛争地域や、貧困地域などで飢餓に苦しむ人々が、大勢いるというのに・・・。

そうでしたね、今や日本でも、食事にありつけない貧困層が全人口の一定数以上を占めているのでしたよね。

なのに、そうした人々のところへは廃棄チョコレートすら届かない。

もうこんな無駄は止めにしませんか。

小売業者がいくら社会貢献活動に取り組んでいますと宣伝していても、その一方で毎日せっせと食品廃棄に精を出しているようでは、社会貢献活動は差し引きゼロ、というより、おそらく差し引きマイナスなのではないでしょうか。

でも、廃棄食品をゼロにすることは非常に困難、であると同時に、こうした経済の無駄がなくなってしまっては、おそらく経済活動規模はかなり縮小してしまうのでしょうね。

必要悪としての廃棄食品

家庭ゴミ分別リサイクルではないですが、産業廃棄物扱いになる廃棄食品についても、せめて、分別リサイクルを徹底し、確実に有効利用されるよう願いたいものですね。


  お粗末さまでした。合掌




人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

© ねこツムリのlogbook. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG