ねこツムリの心に生まれた「なにか」を「カタチ」として残した、「ねこツムリの流儀」の記録です。
page top
佐賀空港がダメなら木更津だって?それって、変じゃないのぉ
自衛隊オスプレイ基地として、佐賀空港が検討されてきたけれど、調整が難航していることもあって、その代替地として千葉県木更津自衛隊基地が候補に挙がっているそうですねぇ。

これって、妙な選択肢だと思いませんか。

そもそも佐賀空港が最初に候補地としてあがったのは、自衛隊初の海兵部隊の誕生に伴い、部隊の移送手段として、その積載能力、航続距離、飛行速度などで優れるオスプレイが選定され、部隊と、非常時の部隊展開が予想される南西諸島方面に地理的に近いからだったはずです。

その前提条件を崩してしまっては、なんのためのオスプレイ導入とオスプレイ基地なのか、全くナンセンスですよ。

しかも、普天間基地の辺野古移設に関しては、諸般の事情から唯一の解決策だとして、移設を進めておきながら、本土の、しかも自衛隊オスプレイ基地に関しては、地元理解が得られないからと、早々に代替地を検討に上げる。

この地元対応の差はいったい何なのでしょうね。

普天間基地の辺野古移設が唯一の解決策ならば、自衛隊オスプレイ基地の佐賀空港建設は、南西諸島方面防衛上の譲れない戦略上の重要拠点だといってもおかしくないはずです。

国と政府はもっと佐賀空港へのオスプレイ基地建設に固執すべきです。

それでもなお、難しいということであれば、沖縄県を除く九州内で代替地を検討すべきです。

しかし、なんでこうも自衛隊に対して理解がないのでしょうか。

災害発生時など、自衛隊には大変お世話になっているのに、こと、自衛隊の本分である国防任務に関する活動においては、なぜか理解が進まない。

と嘆いていても始まりませんね。

国・政府・自衛隊そして自衛隊に理解ある一部国民も、なぜ、自衛隊配備への理解が進まないのか、反対する側の主張と論理についてもっとよく知らなければならないのかもしれませんね。

ですが、いっそのこと、中国、ロシア、北朝鮮などにより、日本国の領土が何らかのカタチで侵されるようなことでもあれば、風向きは全く変わるのかもね。

ま、もっとも、おこってからでは遅いのですがね。

ということで、木更津での自衛隊のオスプレイ基地建設、ねこツムリは反対で、九州内での決着を希望します。


  お粗末さまでした。合掌




人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

© ねこツムリのlogbook. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG