ねこツムリの心に生まれた「なにか」を「カタチ」として残した、「ねこツムリの流儀」の記録です。
page top
マイナス金利の劇薬がもたらすモノ。それは、金融業界地図の書き換えなのかも
「預金金利をマイナスにすることは可能か」

日本銀行日銀)がマイナス金利導入を決めた1月29日に、とあるネット専業銀行で真剣に検討された案件だそうです。

実現すれば、顧客はお金を預ければ預けるほど、銀行に手数料を支払うことになる。

もちろん実現はしなかったけれど、いずれは、との予感は残る。

何せ、銀行にとっては、日銀マイナス金利を導入した結果、顧客からお金を預かっても、十分な運用ができない可能性が高くなっていて、それが結構死活問題になっているようだから。

景気回復が十分でないため、貸出がなかなか伸びず、国内金融機関国債の運用でなんとか利益を上げてきたといわれているそうです。

しかし、日銀マイナス金利導入で、国債などの公社債利回りが大きく下がり、これらの運用益が企業利益の一角を占めている銀行や生命保険各社の運用難は、金融素人にも容易に予想される。

集めたお金の多くを国債で運用しているといわれている、ゆうちょ銀行も例外ではなさそうだ。

特に厳しい立場に追い込まれそうなのが、地方銀行などの地域金融機関だとか。

優良な貸出先が少なく、大手銀よりも国債での運用比率が高いからだそうな。

それが事実なら、地方の金融機関にとっては、八方ふさがりのところも出てくるのではないだろうか。

規模の小さな第二地銀や信用金庫、信用組合などはつぶれはしないまでも、ひょっとして、近い将来、地方金融機関では再編が生じ、日本の金融業界地図が大きく書き換えられる可能性があるのかもしれない。


  お粗末さまでした。合掌




人気ブログランキングへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

© ねこツムリのlogbook. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG